FC2ブログ


第2週目

2012-11-10
今週は全く持っていいところなしといったとこころ

勝ち負けを繰り返し結果的には+200円

一応勝ち越しといえばそうなのだが、勝った気がしないさみしい結果となってしまった。

決して手を抜いているわけではなく、チャンスをうかがってエントリーしているはずなのに・・・。

テクニカル分析を多く使いすぎているため迷いが生じているせいだろうかとも思う。

最近思うことがあって色々なテクニカル分析を使ってもBOのような短期勝負のものにはテクニカル分析は向いていないのではないのか。

確かに当たっている場合の方が多いかもしれないが、3時間程度の21時以降しかエントリーできないものにとっては多くの分析表を使ってエントリーするのは迷いだけが増えて効果的ではないような気がする。

基本中の基本である移動平均線は非常に効果的てあることは明白だがそれ以外はどうも向いていない

と最近思う

しかも休みの日は1日中チャートとにらめっこをしていても平日と同じような結果でただ疲れるだけ

そのうち適当にエントリーして自滅してしまうのが落ちな様な気がする。

そうならないようにはやく自分なりのエントリー方法を確立しないと・・・。

「これはいい方法だ!」と試してみると思うようにいかない場合が多々ある。

そんな繰り返しがずっと続いている。

早く結果を出したい

いい方法を早く見つけたい

そんな思いがずっと続いている。

そのためには資金管理をきっちりして退場にだけはならないようにしないと・・・。

ぜったいに諦めない

「ぜったい勝ち組に入りたい」

継続してできるように自分なりのスタイルを何としても見つけて見せる

そんな思いで来週もがんばります。
tag :
コメント:
トレードは安い時に買って高く売る、もしくは高い時に売って安くなったら買い戻す、
ただその単調な繰り返し作業。
苦しむ必要も無ければ興奮する必要もない。そう感じるのならポジションを離せばいいだけ。
なのに多くのトレーダーはそれができず、自分で自分の首を絞める。

そして自分のチンケなこだわりを捨てきれず、更に自分で自分の首を絞める。
俺はそんな人の背中からトレードを覗き、反対のポジションを持ちたい。それが最強の必勝法である。
しかしこれは、実は1人でも出来る事である。駄目な自分をもう1人の自分が見れるのか、ただそれだけである。

他人に手法などを求めるようになると、もうそれは自分の首を絞める最終章である。
他人のトレードはどうひっくり返っても真似できない、それが真実である。
自分の幹が育たないと、FXだろうが先物だろうが一生勝てない。

稼ぎたいのなら、自分の首を絞めるのをやめるしかない。首を絞めていることにさえ気付かないなら、相場から去るべきだ。
絶望を感じ本当に首を絞めてこの世を去った人間を数人知っているが、死んだ地点が絶望の究極地点であり、生きていればあとはそこから這い上がるだけであったはずだ。パソコン上での出来事なんかで、死んではいけない。
[2012/11/12 23:08] | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
トラックバック URL:

http://fx360.blog.fc2.com/tb.php/144-b359b115

<< topページへこのページの先頭へ >>