FC2ブログ


どえらい失態

2013-01-05
12月の雇用統計が1/4の10:30に発表されました。

今年に入り円安に進んでいることと、大方の予想では更に円安が進むと予想されていたため久しぶりに大きく賭けてみようとこの時間を待って5分前から2回連続でエントリーしてみました。

それが大きな間違い

連続して円高方向へシフト

さすがにこれにはへこみました。

今までの勝ち分がこれによりほとんど元の状態に逆戻りです。

これが俗にいう「こつこつドカン!」というやつなんでしょうね。

しかしこのことでめがさめました。


自分にこう質問してみたんです。

今まで貴方はBOを楽しむためにしてきたのか、それとも勝つためにしてきたのか

その両方が無理なら当然勝つためにしてきたのでしょう

だったら賭けることがすべてではなく、確率が非常に高いポイントを狙ってエントリーするべき

1日にエントリーできない日もありうるということなのです。

今までを振り返ると結構関係のないポイントでエントリーしていることがよくある

これが敗因ではないかと思いました。

今後はエントリーポイントを更にしぼって挑みたいと思っています。
スポンサーサイト



大きなニュース

2012-12-15
今週の上げ相場は私のような初心者には相場を読むことは難しく、かろうじて+1の勝ち越しでした。

それはそれとして

12/13日付けの日本経済新聞において
「FX、取引額や損失に上限 自主規制案が明らかに「賭博性高い」指摘に対応」というお題で
いよいよ本格的な規制の方向性を示唆する内容が書かれていました。

具体的には 2012年 悪徳情報商材をぶった斬る!! というサイトに詳しく書かれているのを見つけたので興味のある方は一読してはいかがかと思います。

確かに10分後の円安か円高かにお金をかけるわけですから半か丁かの賭博とどこが違うかといえばそれほど違いがないといえばそれまでです。

証券会社はその対応策を立てるでしょうから内容如何によっては海外のBOに切り替えることも検討しないといけないのかな・・・なんて考えています。

分析方法について

2012-12-09
BOを始めたころは「もっと勝ちたい」とか「お金を儲けたい」という気持ちが非常に強く、そのためには商材を購入してエントリー回数を増やし賭け金額を増やすなんて言う安易な気持ちしか思いつかず、実際に使って見ましたが結果的には成果が上がらなかったことを思い出します。

商材をすべて否定するわけではありません

実際に使って勝っている人もいるわけですから・・・。

ただ個人的な意見なのですが

前にもブログで書いたと思いますが、これらの商材を使用したとしても勝率は60~70%です。

ということはシグナルが発生した時そのすべてにエントリーすればそれなりの成果が出るのでしょうが、そうでない場合はこの勝率にならないことも考えられます。

しかもその時の世界情勢により変動する為替相場をある種のロジックで単純に数値化することは難しいのではないでしょうか。

もし今現在連勝しているといってもそれは偶然であって

予想外の変動には対応できないのではないかと思うのです。

だから

参考程度に使用することに対しては有効的だと思います。

しかもエントリーをすべてを任せるのであればギャンブルと同じことです。

なおかつ全てを任せることは自分自身に対する逃げ道を作っているだけです

勝てば「買ってよかった」と思うでしょう

しかし「これなら使える」と思って賭け金を増やし自滅するパターン。

逆に負ければ「だまされた、やっぱり買わなければよかった」となるだけです。

自分に責任は問わないでソフトのせいにできます。

それでは経験を積んだことにはなりません。

ちょっと偉そうなことをずらずらと書いてしまいましたが・・・。

いいたいことは最終的には自分が分析したエントリーポイントで賭けることが大事だと思います。

もし商材を使うのなら自分のエントリーポイントと合致したポイントで賭ければ納得がいくでしょう。

確率が1/2とはいえそう簡単に勝たせてくれないBO

勝ち負けにこだわっても勝率は上がりません

リアルタイムに色々な情報を収集(テクニカル分析)して常に同じポイントでエントリーすることが大事なのではないか・・。と最近は感じています。

メンタル

2012-12-06
為替相場は常に中立で、個人によって値動きが変動するものではありません。

連続して負けるような時があると、よく証券会社の陰謀ではないか・・・と疑ってしまうような時がよくありますが、それは大きな勘違いで、全てのひとがこのチャートを見て賭けているのですからそれは間違った解釈です。

経験を積んでテクニカル分析を駆使したり、商材を購入しても結果は同じ

賭けるのはあくまでも個人ですから100%勝てる保証なんてこれっぽっちもありません。

ようは自分が決めたエントリーポイントで賭けられるかどうかだけです。

そのときに躊躇したり、熱くなって賭けてしまうから負けてしまいます。

常に冷静にエントリーする

そういった意味でメンタル面を鍛えることは重要だと思います。

最近の傾向としてチャートはあまり意識しないようにしています。

自分がここぞと思う時に賭ける、ただそれだけです。

それで負けたら仕方ないと諦めます。

それで今度こそと思うと負けがかさむだけです。

気合いを入れるのもいいですが、こういった一種のギャンブルは割り切ることも非常に大切なことだと実感する今日この頃です。

29日のエントリーポイント

2012-11-29
29日のエントリーポイントは2つ

227.jpg

1本目は移動平均線を越えて下がりレジスタンスラインをタッチしたので1本目の上昇を確認したうえでエントリーしてみた。

しかし結果は更に2本円安方向にシフトしてアウト

サポートラインをしっかり越えたのを確認したうえで円高で勝負するところを1本早くエントリーしてしまった。

2本目は22:30の指標発表時まで待ってのエントリー

10分前まで円安方向に進んでいたため指標時は円高にシフトするだろうと推測

5分前からエントリーして願わくば連荘で賭けてみようと思った。

結果は大きく円高にシフトしてヒット

しかし10分後すぐに円安に動き始めたため様子をみる。

その後の展開はグラフのとおり

本日は1勝1敗で終了
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>